ご挨拶

農業改良普及員22年、専門技術員14年、農業経営コンサルタント7年の経験を持つ、日本の農業に精通した「農業専門の中小企業診断士」が、農業に関するあらゆるご相談に、真摯に対応・ご支援させていただきます。

(株式会社秀農業経営コンサルタント 代表取締役 犬塚秀一)

 

 

 


 

ASIAGAP管理支援システム(7月4日リリース開始!)

1.GAPに取り組むメリット

(1) 農業に求められている要求に応えることができる

世界中で「環境や健康への負荷を低減し、安全に配慮した持続的な農業」が求められていますが、GAPに取り組むことで、これらの難しい要求に簡単・確実に応えることができます。

(2) 農場が発展していく

消費者や農場で共に働く仲間の目線で農業をとらえることができるので、気づきが多く経営者の能力が磨かれるとともに、確実に農場が改善し発展につながります。

(3) 第三者の目で農場を見直すことができる

認証を取得する場合、内部監査や認証審査を受けることにより、第三者の目で農場を見つめ直すことができ、農場の改善点が明確化され、確実に農場を発展させることができます。

(4) SDGsに取り組むことができる

GAPは、農業の持続可能性に貢献する取り組みであることから、SDGsの多数の目標と関連があります。農業者にとってSDGsに取り組む最も現実的な方法は、GAPに取り組むことです。

(5) 販路の拡大に役立つ

イオンやCOOP、イトーヨーカドーなどたくさんの企業がGAP認証農産物の取り扱いを表明しており(GAPパートナー)、パートナー企業がどんどん増えており、販路拡大の可能性が広がります。

(6) 経営のグローバル化が可能となる

GFSIの承認を受けた、国際標準のGAP(ASIAGAPまたはGLOBAL.G.A.P.)の認証を取得すれば、農産物の輸出の可能性を広げることが可能となります。

2.GAPに取り組む上での3大障壁

3.ASIAGAP管理支援システムの特徴

(1) 取り組み内容が明確で、ゴールが見えているので安心

・管理点ごとに要求される項目をクラウドで管理していきます

・全管理点に対し、何をすればよいかを【取り組み例】としてわかりやすく示してあります

・メニュー画面ですべての管理項目の管理状況を一目で確認することができます

(2) 専門的な難しい要求項目に対して詳しい説明がついている

・多くの管理点に対し、【ミニ知識】が記載されており、関連する周辺知識やGAPのねらい等について学ぶことができます

・高度な要求項目である「農場管理マニュアルの作成」についても、作成の仕方と作成例を示し、どの農場でもオリジナルの農場管理マニュアルを容易に作成することができます

(3) 記録の作成が容易、全ての記録を電子データで保存できる

・すべての管理点に対し、管理点ごとにエクセルシート等で記録を保存することができます。エクセルシートであれば、シートを複写してシート名を年度にすることで、過年度も含め、すべての記録を電子データで保存・管理することができます

4.ASIAGAP管理支援システムの使い方

(1) 実施例のダウンロードボタンの使い方

① ダウンロードボタンを押すと、該当する管理項目のファイル(テンプレート)を自分のパソコンにダウンロードすることができます。

(2) 添付資料の編集ボタンの使い方(お試し版ではアップロード機能は使えません)

① ダウンロードしたファイル(テンプレート)を利用して必要事項等を入力し、ファイル名を付けて一度、自分のパソコンに保存します。

② 添付資料の編集ボタンを押し、現れた画面で「ファイルの選択」をクリックし、①で保存したファイルを選択します(図1)。

③ アップロードボタンを押すと、選択したファイルがクラウドの指定された場所に保存され、「この管理点に関するアップロード済みのファイルに表示されます(図2)。

④ その管理項目で新たな情報を入力するときは、「この管理点に関するアップロード済みのファイル」の中の該当するファイルをクリックすると、自分のパソコンにダウンロードされるので、そのファイルにデータを入力し自分のパソコンに保存した上で②、③の操作を行います。

⑤ なお、残留農薬検査や水質検査の結果等も電子データに変換すれば、関連の管理点の保存場所にアップロードして管理することができ、全ての項目を管理点ごとに電子データで管理することができます。

(3) 更新/確認の確認ボタンの使い方

① 確認ボタンでは、管理点の実施状況を「実施中、確認待ち、完了、不要」から選択でき、実施状況を文字と色で表示されるので、管理項目の実施状況が一目で分かります(図3、図4)。

② 最終確認日をカレンダーから選択、または直接入力できます。

③ メモや指摘事項を自由に記帳することができます。

ASIAGAP管理支援システムを体験してみる